テニス肘は、肘の内側・外側の両方に出るのでしょうか??

テニス肘は、肘の内側・外側の両方に出るのでしょうか??

テニス肘は、肘の内側外側の両方に出ることがありますよ。

 

基本的には、肘の外側の痛みのことをテニス肘と呼んで、
肘の内側の痛みのことを野球肘と呼びますが、
名称はほとんど関係ありません。

 

テニス肘も両方に出るし、
野球肘も両方に出ることがあります。

 

あくまでも呼びやすいただの名称というだけで、
どちら側にも症状が出ることはありますよ。

 

また、肘の前側(肘の曲がる部分)に出ることもあるし、
肘の後ろ側(伸ばす側の部分)に症状が出ることもあるし、
全部に同時に痛みが出ることもあります。

 

関節に対するダメージが大きい患者さんほど、
全体的に痛みが発生することが多くて、
症状が複合して出てくることがほとんどです。

 

全てに症状が出ているということは、
関節だけでなく、周囲の筋肉にも負担が入って、
強い痛みが出ていることを表しているんですね。

 

だから、症状が拡大している患者さんほど、
より的確な治療を受ける必要があります。

 

全ての症状に対して個別に対応してくれるところほど、
しっかりと治療を行ってくれている証拠です。

 

全ての症状を「同じ原因」として、
まったく同一視した状態で診ているところだと、
なかなか症状を改善することは難しいと思います。

 

専門的な先生ほど、
細かくチェックしてくれて、
個別に対応してくれると思います。

テニス肘でお困りのあなたへ